乳酸菌でダイエット・便秘解消・腸内環境改善する製品の研究と紹介をする乳酸菌健康研究所

乳酸菌でのダイエット・便秘・腸内環境改善する製品の研究と紹介をする乳酸菌健康研究所

FrontPage

乳酸菌でダイエット・おなかスッキリ!

いま注目を集めている「乳酸菌革命!」



多くの乳酸菌を1粒に配合!パワーアップした「乳酸菌革命」をご紹介します。

O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。

           大好評!喜びの声続々と!
 女性に大人気の『乳酸菌革命SUPER』で毎朝スッキリ!美容にも!

O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。●O。
 
     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
      ニューヨーク「世界発明博覧会」で最高賞を受賞
     *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌!驚きの善玉菌40種類!
     生きた乳酸菌がしっかり届く!『乳酸菌革命SUPER』

 【大好評!喜びの声続々と!】
▼ 詳細は、今すぐコチラへ!!▼ 下記をいますぐクリック!

毎朝スッキリに感激!最高賞受賞の乳酸菌★大好評!喜びの声続々と


乳酸菌について

健康と若さの持続は、私たちの永遠のテーマ。女性ならば誰でも美しくなりたいし、美貌を保ちたいもの。また男性はいつも元気にバリバリと仕事にレジャーに、研究に挑戦したい。そんな願いが昨今の世界的な「健康ブーム」を呼び起こしたものと思います。

乳酸菌は抗老化、免疫賦活効果(機能を活発にして活力を与える)などの働きを含有した健康の源です。

アンチエイジングに役立つ核酸も豊富に含んでいます。

「美味しく食べて若さを保ちたい」はぜい沢な願いではありません。
是非一度お試しください。

注意事項

1.他の健康食品と併用しても問題はありません。

2.好転反応(めんけん反応)について

乳酸菌の健康商品はは健康になっていく過程で、一時的にさまざまな症状が稀にありますが、とり続けることで症状が消えますので、心配はありません。

①お腹が張る・下痢 ②湿疹や肌のかさかさ ③眠気

☆症状に個人差がありますが、様子を見ながら量をコントロールして下さい。
自然治癒力が徐々に改善されてきたことになる反応が好転反応です。


乳酸菌の健康商品について

腸が悪いとすべての病気の発生と関連することから、あらゆる病気の発生源は腸にあるといっても過言ではありません。

人間の腸内には100種類、100兆個に及ぶ細菌が生きていて、人間の健康維持に極めて重要な働きをしています。

細菌の中には有効菌と有害菌が存在し、その中間に「日和見」菌といわれるものが存在します。この3つの菌のバランス状態で、有効菌が多くなれば健康体となりますし、また、有害菌が多くなれば不健康となり、あらゆる病気の発生の原因となるということが、研究によって明らかとなってきました。

乳酸菌生産物質(乳酸菌生産エキス)の働き

乳酸菌生産物質(乳酸菌生産エキス)一般の乳酸菌飲料のように生菌そのものではありません。

生菌は、飲むと強い胃酸によりほとんどが殺されてしまいます。
さらに、生きて腸に到達したわずかな乳酸菌も、すでに腸内に生存している他の菌に排除されてしまいます。

乳酸菌生産物質(乳酸菌生産エキス)は生きた乳酸菌とちがい、酸にも塩分にも熱にも強いというものですから、人体の中で消化液(胃酸・胆汁・腸液)などで変化を受けないままそのままストレートに腸に届きます。

こうして腸内細菌の中の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

生菌ではない乳酸菌生産エキス

ロシア生まれの生物学者エリア・メチニコフはブルガリア地方に長寿者が多いことに注目し調査をした結果、この地方で常食としているヨーグルトが腸内腐敗菌を改善するためと考えました。
そして1908年に「人生および長寿論」を発表しノーベル賞を受賞しました。このメチニコフの不老長寿説は一世を風靡しました。

メチニコフは1916年、71歳で亡くなりましたが、同時に長寿説のヨーグルトにある乳酸菌が腸内に入ると胃酸により死滅して増殖できず不老長寿説は見直され否定されました。

腸内には常在菌として乳酸菌やビフィズス菌が生息して通商「善玉菌」として有効な働きをしています。

昭和十四年、微生物共棲培養方法を発明した乳酸菌生産エキスの研究者正垣一義氏は発酵経過における最終段階の菌が種族保存のために分泌する菌の栄養強化物質(醍醐液)に着目しました。そして完成したのが乳酸菌生産エキスなのですが、この液には生菌はまったくありません。

正垣氏の実験の結果、このエキスは強酸にも強く変化はまったくなく、塩分や高熱にも変化しないことを確認。

これこそ、腸内に常在菌として活動する乳酸菌やビフィズス菌の活性増殖に寄与するものとして、市場に登場させることになりました。

そして、一回の使用が、わずか数滴というのに排便の改善、腸内環境改善の不可欠な条件であるオナラの多発、オナラの悪臭の消失などにより、体調が改善されることから高く評価されるようになりました。

善玉菌が活性化され増殖すると腸内菌叢も善玉菌が優勢となり、栄養の消化吸収、有害物の分解処理、ビタミン類の合成、ホルモンの生成、免疫力の強化されますので当然、体内のホメオスタシス(恒常性)がととのい自然治癒力が旺盛となり健康の回復や症状の改善などが起こります。

バイオジェニックスと健康・乳酸菌生産物質

近年、機能性成分の研究が盛んに行われ、特に腸内環境を改善する乳酸菌などプロバイオティクスと呼ばれる成分や、オリゴ糖などプロバイオティクスと呼ばれる成分を用いた食品が、特定保健用食品として数多く流通するようになりました。

それに加えて、乳酸菌生産物質などバイオジェニックスと呼ばれる成分の研究開発も盛んになっています。乳酸菌生産物質は有機酸、ペプチド、アミノ酸などの菌体分泌物質のみならず、細胞成分も含まれ、菌体乾燥物が濃縮されており、プロバイオティクス製品と比較して乳酸菌を多く摂取できるなど多彩な利点を有しています。

健康は私たちにとって、もっとも大切な財産です。よりよい食事に加え、機能性を有した食品をうまく食生活に取り入れることによって、健康に長寿を全うしたいものです。

<「バイオジェニックスと健康」株式会社医療情報出版>

乳酸菌生産エキスは腸内デトックスに最適

腸内デトックス・大腸のケアと便秘改善

更年期なってくると、大腸の不調を年々感じやすくなってきます。便秘だけでなく、お腹の張りや下痢など、トラブルに悩む女性が多い。

腸は、体の免疫系の約半分の役割を担っていますから、お腹の調子=”体の抵抗力”と言ってもいいくらいです。便秘が習慣になっていたり、抗生物質を常用していたりすると、腸内でいい菌(善玉菌)が働くなって、免疫力が落ちやすくなります。

風邪をひきやすい、口内炎ができやすい、吹き出物が治りにくいなども、免疫力が落ちている証拠です。

大腸のケアと便秘改善には、食物繊維と運動が効きます。食物繊維が豊富に含まれているのは、玄米、とうもろこし、全粒粉、雑穀、野菜、豆類、海藻などです。運動では女性は腹筋を鍛えることも大切です。

便秘改善は、大腸がん予防になります。日本に少なかった大腸がんが急増している背景には、食物繊維の摂取が少なく、動物性脂肪の摂取が多い、食の欧米化があることがはっきりしています。

加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン)と飲酒は大腸がんリスクになります。

腸内のいい菌(善玉菌)を増やし、腸内環境を整えるのも、免疫力を高める方法です。

発酵食品や乳酸菌などを摂って腸内の善玉菌を増やせば、腸内デトックスにつながります。それに加えて、腸を休める”メディカル断食”も効果的です。この断食はまったく食べない断食ではなく、栄養士や医師などの管理で3~5日間、1日800kcal程度のカロリーを摂る断食のことです。体内にあるサーチュインという、長寿にかかわるたんぱく質の活性を高めるメリットもあります。

腸内環境を整えるサプリメントしては乳酸菌生産エキスがもっとも効果的でおすすめできます。なぜならヨーグルトに含まれる乳酸菌といっても、腸に届くまでにそのほとんどが死滅してしまうからです。外から摂った生きた菌のままで活躍してくれる乳酸菌はごくわずかなのです。

核酸でアンチエイジングと「健康美」の時代

いままでの化粧で美をアピールする時代から、健康に優れ素肌を充実させて生き生きとしたうるおいのある、みずみずしい「健康美」を求める時代となってきています。そのためには乳酸菌生産エキスに豊富に含まれる核酸を摂取して体の内側から体質を改善する必要があります。

このため、美容の方法も大きく変わってまいりました。「健康美」を求める時代に注目されているのが、乳酸菌生産エキスという優れた天然保湿因子(NMF成分)と皮膚細胞や体の細胞を再生産する旗下記をする核酸を豊富に含んでいる物質です。

乳酸菌生産エキスは百年以上の研究結果から生まれた全く無害で、しかも肌の新陳代謝を促進してこれまでの化粧による美容では果たせなかった真の美・「健康美」を創造し、アンチエイジング効果を実感できることができるようになりました。

乳酸菌生産エキスを飲用すると腸内細菌叢が整い、美容上のトラブルを解消するだけではなく、健康を維持・増進するために「健康美」美容法となり、且つアンチエイジング効果を高めるために最適なものです。

化粧品に潜む危険

肌にうるおいがあり、つややかなときは栄養のバランスが良く、からだの機能や器官の働きの優れているとき、すなわち健康状態が優れているときです。

肌が荒れたり、色つやが悪い時は、どうしても化粧でカバーしようとしますが、化粧で肌を改善することはたいへん難しく不可能に近いです。それどころか、化粧品の中に含まれる化学物質によってかえって肌のトラブルを起こしてしまいます。

栄養クリームや乳液には、ベースとなる基材として流動パラフィンやラノリンやプロピレングリコールなどが含まれていて使用後の感触がすべすべする、つるつるするということになります。

しかし、流動パラフィンには、湿疹や皮膚ガンに至ることもあるリスクがあるといわれ、ラノリンには皮膚のかぶれが起こるなど、安全性が高いとされているものも危険が潜んでいますので安心できる化粧品はほとんどないといわれています。

現代美人は「健康美」とアンチエイジングを求める女性

現代の美人は、昔の美人薄命とは異なり、個性や知性、健康度、表現力、演技力などが要求されるようになってきました。したがって、美人ほど健康で知性あふれ、能力のある女性といえます。

現代美人=健康美人になるには、からだ全体のバランス機能、もろもろの内蔵器官の健全な状態の維持や皮膚組織の新陳代謝、腸内細菌叢のコントロールが必要です。

乳酸菌生産エキスには精気活力を増進し、血行障害をのぞいて、脳細胞や各臓器の働きを良好にする働きとアンチエイジング効果を向上する働きがあります。

乳酸菌生産エキスを飲んで輝く「健康美」を手に入れましょう!

美容は健康と密接な関係にありますから、よりよい美容法であるためにはまず健康づくりから美容を考える必要があります。

とくに美容と健康=アンチエイジングにかかせない腸内細菌の働きについて学んで知っていただきたいと思います。

理想的なバランスのよい食生活をしたにもかかわらず体調が悪い、肌荒れが絶えない、肌につやがなく肌色もよくないという方は、腸内細菌叢のバランスに大きな原因があります。

乳酸菌生産エキスは、腸内細菌の有効菌を増殖し有害菌を抑制することによって健康の維持・増進=アンチエイジングに大いに役立ちます。

腸内細菌のバランスを図り、健康を回復することは、美容にとっても最大の優れた条件ともなっていて、まさに「健康美人」を生み出す源なのです。同時にアンチエイジング効果も実感できます。

美容トラブルの最大の原因は腸にあるといっても過言ではありません。とりわけ便秘は美容の大敵であるといえます。便秘が肌荒れ・ニキビ・シミ・化粧まけなどのトラブルの原因となることが多いのです。

乳酸菌生産エキスは腸内細菌を整え、さわやかな便通をさそうという特徴がありますので便秘によるトラブルの解消に役立ちます。

あなたも乳酸菌生産エキスを飲んで「健康美」とアンチエイジング効果を手に入れて下さい。

腸内環境の美しさが若さを決める!

「老化」というとすぐ思い浮かぶのが肌、そして運動能力ではないでしょうか。
しかし、内臓も老化をおこしています。その最たるものが「腸」です。
「腸の老化が人体の老化を促進させている」といえます。

あなたは便秘や下痢に悩んでいませんか。排便がなくおなかがすっきりしないだけでなく、急に下痢になったり、おなかが痛くなったりすることがあると思います。

そのような症状があるときは、肌荒れもおこりやすくなるのを経験されたことでしょう。
このようなときに便秘を治そうと薬を飲んだりしてもそれだけでは改善されません。あなたの便秘は腸の老化が原因なのかもしれないのです。

内臓からきれいになるために、腸の老化のメカニズムを知っておいてください。

便秘は腸が老化している証しです。
「ウェルシュ菌」についてご存知でしょうか?「ウェルシュ菌」とは腸に住む菌の一つです。私たちの腸内には実に100種類、100兆個の細菌が住みついています。細菌のなかには、健康や美しさに有益な働きをする有用菌(善玉菌)と、炎症をおこしたり発ガン性のある物質をつくりだす有害菌(悪玉菌)があります。

善玉菌の代表といえるのはビフィズス菌と乳酸桿菌です。
腸内で乳酸や酢酸をつくることによって腸内部を酸性にして、この刺激によって腸の蠕動運動が活発になり排便がスムーズに行えます。

悪玉菌には、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などがありますが、その代表はウエルシュ菌です。ウエルシュ菌は、タンパク質を分解して、アンモニア、アミン、インドールなどの物質をつくり出します。これらは悪臭のもとになり、さらにアミンは発ガン性物質のニトロソアミンの原料となります。ウエルシュ菌が多くなると、腸はアルカリ性となり、排便が妨害され便秘になります。

老化現象をおこした腸では、ビフィズス菌が減少し、ウエルシュ菌が増加しています。
年齢による腸内細菌の差を測定したところ、出生直後は腸内ビフィズス菌が再優勢で、これが成人になるにつれウエルシュ菌が増加、65歳以上ではウエルシュ菌が優勢を占めるようになります。

俗にお年寄りは便秘がち、といわれますが、これはウエルシュ菌のために腸の老化がおこっていることが原因です。

しかし、最近では、年齢が若くても食生活のバランスが悪かったりストレスが多いと、腸内細菌のバランスがくずれて、ウエルシュ菌がふえることがわかっています。

便秘になると、腸の中に有害物質が貯留する時間が長くなります。腸内に有害な物質が存在すると、それを吸収することになり、また腸壁の粘膜と有害物質の接触も長くなり、発ガン率が高くなるのです。

有害物質を吸収することにより肌荒れをおこし、腸内に老廃物がたまることにより、やせていてもおなかが出てみえたり、ガスがたまってウエストサイズが増えてしまったり、と便秘は様々な症状をおこします。

Special Link

女性の悩み解決サイト






a:6200 t:2 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional